blog index

〜毎日がしあわせ〜

子育て世代の方には、朗報!
家づくりをしていく上での出来事、父親として子育てについて日ごろ感じたことなど、
UPしていきます。

<< もし子どもがウソをついたとき、あなたならどうする? | main | 子育てにも土台があると思うのですが... >>
もし、子どもが正直に言わないとき、親にできることは?
前回のブログの答えです。

A 子どもの顔をじーっと見つめながら、
 「正直にいってくれればうれしいな」という。                   

B 「正直に言ってくれないのが悲しいよ」という。       

C このままじゃ、誰が割ったかわからないから
  「警察に来てもらって調べようか?」という。        

D 「玄関をきれいに飾ってくれていたのに残念だね」という。  

  A × B ◎ C × D ○

子どもが正直に言わない。
どう見てもウソをついている。
親としては、わかっていながらも、
どうしても結果を追求してしまう。
言わないと、だんだんと腹が立って
怒ってしまう。
何か壊したというより、正直に言わない
ことに腹を立て、許せなくなる。

いかがです?
心あたりないですか?

子どもは、親が思っている以上に、
親の態度や、表情、目つきなどを
気にしています。
親の本心をはっきりと見て取るのです。
ですから、子どもの心の中の反省を
表情、態度から見て、
「本心を言い出したいけど、言いだせない」
「割っていない」と言ってしまったことで、
いまさら「割った」と言ってしまえば、
もっと怒られてしまう。と
子どもながらに考えているのです。

そこを親として、どう感じてあげられるかが、
重要だと思うのです。

花瓶を落として割ってしまうようなことは、
日常生活のほんの一瞬の出来事ですから、
親はすぐに忘れてしまいますが、
子供にとっては、その一瞬の出来事が
心の奥底にトラウマとして残るものです。

ウソはいけませんが、子どもの心を
傷つけるくらいなら、子どもが
言ったことを、そのまま受け入れた方が、
はるかにいいと思います。

子どもには、大人ほどウソに対する
罪の意識がありません。
出来心で、ついつい事実と違うことを
言ってしまうのです。
子どもには、ウソがつきものです。
皆さんは子どもの頃、親にウソを
言ったことないですか?
子どもの頃、たくさんウソをついて
きたはずです。
それを忘れていませんか?

親として、正直に話すことの大切さを
教えることは、重要なことです。
「ウソはいけない!」と、
いうことばかりにフォーカスしてしまうと、
A とか C の対応をしがちですので、
あまり深刻になりすぎないほうが、
いいと思いますよ。

それでは、また。











電磁波が気になる方に!【電磁波対策シリーズ】

消費税還元5%OFFキャンペーン!

2月末まで!

| ワールド・ジャンプ | 子育て | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.isp-h.com/trackback/428431
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術 (JUGEMレビュー »)
トニー・ブザン, 神田 昌典
テストでいい点とるなんて簡単だ!

bolg index このページの先頭へ