blog index

〜毎日がしあわせ〜

子育て世代の方には、朗報!
家づくりをしていく上での出来事、父親として子育てについて日ごろ感じたことなど、
UPしていきます。

親の役目、無事終えたね!?
娘が今年5月、額に汗をかきながら
重たそうに抱え、学校からもち帰った
一つのビニール袋。

社会見学に行った際のお土産として、
落とさず無事、我が家に持ち帰りました。


中身を見て思わず私は、

「ただの土の塊・・・???」
「この中に、いるのー?」

「10匹いるよ・・・」
と自慢げな娘。

朝、学校へ行くときには3匹までと
言っていたのに・・・


こうなったら仕方ない。
虫取り小僧だった、あの頃の血が騒ぐ。

しっかり育ててあげなければ・・・


しかし、私が子供の頃には、北海道に生息
していなかった生き物。

その後、
本州に親戚がいる近所の同級生から
貰って育てた経験があるとはいえ、
もう何十年もお目にかかっていない。

どんなところに生息してたのか?
どんなものを食べて育つのか?

少々不安があるものの、早速袋から
出して広げて見てみることに。


湿って固まった土を割箸で砕いていくと、

「でたっー 超特大いも虫!」
「ちがうよ、いも虫はチョウの幼虫だよ」

そうでした。
娘の言うとおり。


持ち帰ったお土産は、これ!
   ↓  ↓  ↓ 


写真は、大小それぞれ2頭(匹とは
言わないそうです)ずつですが、
手のひらサイズのヘビー級が6頭、
小ぶりなライト級が4頭でした。


1年余りの寿命の内、大半を自然界で
過ごしてきたので、少し遅いようですが、
6月20日過ぎには、ヘビー級すべて
蛹になっていました。


リアルな蛹。手前が♂で、奥が♀です。

そして、およそ1ヶ月後、まだ角には
蛹の皮が残っていますが、黒々とした
立派な胴体が土の中で確認できました。

成虫になると、一斉に飛び出して
くるのかと思ったら、育った環境が
いいのか意外とのんびり屋です。

その頃、成長が遅かった小さな
ライト級たちは、まだ幼虫のまま。

蛹になる気配さえありません。
ひょっとするとクワガタ?
と思ったのですが、しばらく
専用飼育箱に。


数日後、
ペンライトを持ってヘビー級の様子を
見てみると、飼育箱の中を元気にブンブン
羽音を立てて飛び回っていました。

やっぱり夜行性なんですね。
これから3週間くらいは、活発な
時期が続きそうです。


♀です。動きが活発なので、ピンボケですが・・・

今度は、卵→幼虫→蛹→成虫という
ライフサイクルを、はじめから娘に
見せてやりたいなと思っていたところ、
ひょんな所で♀を自然採取しました。

やはり、確実に根付いていますね。
この北海道にも。

採取して直ぐに♂2頭、♀2頭の
ペアリング飼育を開始。


8月に入ると、飼育マットにトンネルが
見られるようになりました。

「ひょつとして、卵、産んでる?」

最初は、怖くて掴むことさえできなかった
娘も、かなり期待しているようです。

「もう少し、そっとしておこう・・・」


そして、お盆も7日ほど過ぎた頃、
とんでもないことを、やってしまいました。


この頃4頭の成虫達も、そろそろ終焉の
カウントダウンがはじまったのか、
あまり活発ではありません。


そして、飼育マットを何気なく見ていると
5mmから7mm程の小さな物体が、空洞を作り
動いていたのです。

「しまった、卵から孵化した!」

娘も興奮気味に、
「どこどこ、あっ幼虫だ!」


卵や小さな幼虫は、成虫が踏み荒らして
育たないことが多いらしく、取り出して
分別飼育をしたほうがいいようです。


少し、タイミングが遅かったみたいです。

結局3グループに分けていたペアリングの
容器を全部確認することに。


1齢と言われる30匹近い幼虫と、
同じ数だけの卵が2グループから
確認ができ、まだまだ元気な
1グループからは、卵も幼虫も
確認できませんでした。


携帯の写メなのであまりよく取れていませんが、これが卵です。


孵化して間もないカブトムシの子どもたち。

そしてこの時、卵から出てくる孵化の瞬間を
見ることができ、娘も「命の大切さ」を
知ることができたのでは・・・
そう思っています。

とりあえず第一段階は、成功、成功!!


ですが、残念なこともあります。
いつまでも蛹にならなかった
ライト級の幼虫達。

ついに☆となってしました。

育てるということはホント
大変なことです。



それでも命のバトンを繋ぎ、ちゃんと子孫を
残してくれて、ありがとう。

残り少ない余生を楽しんでください・・・



しかし、数が数だけに、残された
子育ても大変!!             

カブトムシに興味があり、お子様と幼虫飼育できる方、
飼育に自信のある方で、里親として希望される方は
差上げます。

ただし、宅配便等で送ることは出来ませんので、
札幌近郊にお住まいで、受取に来ていただける方に
限ります。

 
                  飛世
| ワールド・ジャンプ | 子育て | 08:46 | comments(0) | - |
木とふれあい、木に学ぶ・・・
普段は無口で、少し強面の大工さん。
この日は、子どもたちにとって先生役に。



のこぎりやドリル、そして金づちの使い方を教えてもらい、
ちびっ子DIY教室の始まりです。



合板を切り、紙やすりでていねいに切り口を仕上げ、
まずはパーツづくり。



先生  ちゃんときれいに磨いてよ!

子ども 「これで何つくるの???」

先生  これはお腹で、これは足、これはハサミ・・・


一体何が出来るのか、興味津々の子どもたち。
子どもたちも真剣そのものです。


しかし、なかなか全体像が見えてきません。
はたして根気よく続くでしょうか・・・


そばで見ている大人も「どれ、どれ、かしてごらん・・・」と
つい手を出したくなります。


先生が試作品用のパーツを組立ると、

これをみんなで作るんだよ!



「なに、これ!?」

「カニ!?」

そうだね、カニだ。

シオマネキ、っていうんだよ!



DSやTVゲームに、普段は夢中の子ども達も、
木とふれあい、大工さんと一緒にものを作ることで、
人と木との関わりなどを考える冬休みの一齣でした。


大工さんと子供たちが作った完成品はこちら!



バランスよく片足でたっていますが、傾斜をつくりると上手に一歩ずつ
歩き出します。動画でお見せできないのが残念! 
                            飛世

| ワールド・ジャンプ | 子育て | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
母のひざから学ぶもの・・・
最近、ある本を読んでいてとても興味深い
ことが書かれていました。


子どもに絵本や本を読み聞かせるときは、
お母さんのひざの上に子どもを座らせ、
読み聞かせることで、幼児期の性格が
形成されるというものでした。


「この時期は、母親の子どもへの影響は絶大で
絶対的なものであり、母親が、子どもの方向性の
すべてを決定づける」というのです。


「子どもの教育は、子どもをひざに抱いたときから始まる」
と、バロー(17世紀のイギリスの数学者)も
言ったそうです。


そういえば私の遠い昔にも「母のひざ」が、
かすかな記憶として残っています。


そして父親としては何ができるか?
あらためて考えさせられました。


飛世


追伸
10年以上前に、はじめて読んだ子育ての本ですが
ここの本からは、かなり多くの気づきをいただきました。
















電磁波が気になる方に!【電磁波対策シリーズ】

消費税還元5%OFFキャンペーン!

2月末まで!

| ワールド・ジャンプ | 子育て | 20:02 | comments(1) | trackbacks(0) |
わくわく...
幼稚園でお友達とある実験をしています。

二つのカップの中の水が赤くなってますね。
水に食紅を混ぜたので赤く見えるのですが、
ほかにも何か、水の中に見えます。

左右のカップに、油をたらしました。
すると油は水より軽いので、当然水に浮きます。

今度は右のカップに先生が「何か」を入れかき混ぜると...
カップの中で油が球の形をして、ぷかぷかと水の中で
浮き出しました。

先生は一体何を入れたのか?
油は水より軽く、「何か」は水より重い。

子どもたちは、興味津々でした。






他にもこんな不思議な出来事がありました!

娘が自宅で、二つのカップを用意し水栽培で
カイワレ大根を育てていました。

毎日、朝と夕方娘はカップの中を覗きこみ、
カイワレ大根の種になにやらブツブツと話しかけていました。

3日後...

「お父さん見て見て!」

二つを見比べると...

一つのカップは、カイワレ大根の芽がたくさん出ていました。
もう一つを見るとなぜか、ほとんど芽が出ていません。

その時は、どうしてこんなに違いがあるのか
あまり気にしていませんでした。

7日後...

なんだ!?

再び二つのカップを比べてみました。
同じ場所、同じ温度で、しかも同じ日に水栽培を
はじめたカイワレ大根。

一つは、ほとんどの種が芽を出し完全に食べれるほどに成長。
もう一つの方は、食べるどころかほとんどが種のまま...

なぜこんなに違いが出たのか?
娘は何をカイワレ大根にブツブツと話しかけていたのか?
そして、それがカイワレ大根にどのような影響を与えたのか?

言葉では言い表せない現象が起きました...
写真は、育てたカイワレ大根です。









言葉の力なのでしょうか?
植物にも伝わるんですかね...

悪いイメージのカイワレさんごめんなさい、と娘と言って、
数日後、いいイメージのカイワレ大根をサラダとして
おいしくいただきました。

飛世

追伸
先生が入れたものは・・・エタノールでした。










電磁波が気になる方に!【電磁波対策シリーズ】

消費税還元5%OFFキャンペーン!

2月末まで!

| ワールド・ジャンプ | 子育て | 16:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
子どもを本好きにさせるためには...?
皆さんは子ども(就学前)に、1年で何冊の本を買え与えますか?読書

5冊?それとも10冊くらいでしょうか?
20冊以上与えるとなれば、すばらしいです。
その子は本好きにならない方がおかしいくらいです。

本屋で子どもがある本を買って欲しいと、せがんだとします。
親が子どもに本を買い与えるとき、どうしても

「この間買った本、まだ全部読んでいないから読んでからにしよう。」

「買ってあげるから、前に買った本を先に全部読んでから新しいのを読んでね。」

とか、買った本は必ず全部読むという条件で買い与えたりした経験はありませんか?

私は、とやかく言わず買い与えるほうです。
なぜかというと、本嫌いにさせるよりは、読みたいという本を
買い与えた方が、本好きになると思うしそうあってほしいのです。
仮に全然手をつけていない本があったとしても、
子供が読みたいと思う本が新たに現れ、買い与えてその本を気に入れば、
それで良しと思います。
たくさんの本に出会えば、それだけお気に入りの本が増え、
素晴しい未知の世界を数多く知ることとなり、本を読むことのが楽しく
大好きになると思うのです。
私は、今でも月に2冊は本を読みますが、1冊の本を全部読んでも、
その本から得られる知識は10%もないと思います。
でも、読まないと10%の知識も最初から得られない訳ですから、
本は、ゲームやオモチャなどと比較せずに、どんどん与えても
いいと思うのです。

ですから、小さなうちから本になじませ、子供のために本を買うのは、
親自身が子供を本好きにさせるという「目的意識を持つ」と
いいかも知れませんね。

それでは、また

 飛世


 お気に入りの ノンタン シリーズ


 半分以上が去年買い与えた本










電磁波が気になる方に!【電磁波対策シリーズ】

消費税還元5%OFFキャンペーン!

2月末まで!

| ワールド・ジャンプ | 子育て | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
子育てにも土台があると思うのですが...
あっという間に12月も半ばですね。
今年もほんと、早かった。

それにしても毎朝、新聞を見るたび、
「いじめ」とか、「自殺」の記事が、
今年は多いなと思っていたのですが、
今年の一年の締めくくりの言葉が、
「命」でしたね。

もう少し早く、子どもたちの心理を
親も、教育者も気づいてあげると、
対策が取れたのではと思うのですが...
子を持つ親としては残念に思います。
どうしたら、こういった問題が、
起きなくなるのでしょうね?

私は、子育てと親の関わりってすごく、
重要だと思っているんです。
そして「子育てにも土台」があると考えています。
どんな土台か?

子どもの「体が成長」するときに
必要な栄養素と、子どもの「心の成長」に
欠かせない親からの栄養素です。

親からの栄養素を感じた子どもは、
「私は親から愛されている」
「私は信頼されている」
「時には、厳しく見守られている」という
思いが生まれ、健やかに育つのではないかと。

子どもに対する愛情とか、子どもとの信頼関係とか、
自立した子どもを育てるためには、押し付けではなく、
躾(時には厳しさ)が必要です。

しかし、記事を見るたび、親や教育者も
手探りの連続で、子どもの個性に沿った
子育てや教育を、なかなかできていない。
そんな気がします。

皆さんは、ご自身の子育て、どう感じていますか?

ちょっとしたコツを知ることで、今まで手探り
だった子育てと、親の関わりが見えてくる。

子どもの、長所や能力を今以上に伸ばすことができる。

そんな方法が、もしあるとしたら、
聞いてみたいですか?

コメントをくれた方に、特別に教えます。

飛世










電磁波が気になる方に!【電磁波対策シリーズ】

消費税還元5%OFFキャンペーン!

2月末まで!

| ワールド・ジャンプ | 子育て | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
もし、子どもが正直に言わないとき、親にできることは?
前回のブログの答えです。

A 子どもの顔をじーっと見つめながら、
 「正直にいってくれればうれしいな」という。                   

B 「正直に言ってくれないのが悲しいよ」という。       

C このままじゃ、誰が割ったかわからないから
  「警察に来てもらって調べようか?」という。        

D 「玄関をきれいに飾ってくれていたのに残念だね」という。  

  A × B ◎ C × D ○

子どもが正直に言わない。
どう見てもウソをついている。
親としては、わかっていながらも、
どうしても結果を追求してしまう。
言わないと、だんだんと腹が立って
怒ってしまう。
何か壊したというより、正直に言わない
ことに腹を立て、許せなくなる。

いかがです?
心あたりないですか?

子どもは、親が思っている以上に、
親の態度や、表情、目つきなどを
気にしています。
親の本心をはっきりと見て取るのです。
ですから、子どもの心の中の反省を
表情、態度から見て、
「本心を言い出したいけど、言いだせない」
「割っていない」と言ってしまったことで、
いまさら「割った」と言ってしまえば、
もっと怒られてしまう。と
子どもながらに考えているのです。

そこを親として、どう感じてあげられるかが、
重要だと思うのです。

花瓶を落として割ってしまうようなことは、
日常生活のほんの一瞬の出来事ですから、
親はすぐに忘れてしまいますが、
子供にとっては、その一瞬の出来事が
心の奥底にトラウマとして残るものです。

ウソはいけませんが、子どもの心を
傷つけるくらいなら、子どもが
言ったことを、そのまま受け入れた方が、
はるかにいいと思います。

子どもには、大人ほどウソに対する
罪の意識がありません。
出来心で、ついつい事実と違うことを
言ってしまうのです。
子どもには、ウソがつきものです。
皆さんは子どもの頃、親にウソを
言ったことないですか?
子どもの頃、たくさんウソをついて
きたはずです。
それを忘れていませんか?

親として、正直に話すことの大切さを
教えることは、重要なことです。
「ウソはいけない!」と、
いうことばかりにフォーカスしてしまうと、
A とか C の対応をしがちですので、
あまり深刻になりすぎないほうが、
いいと思いますよ。

それでは、また。











電磁波が気になる方に!【電磁波対策シリーズ】

消費税還元5%OFFキャンペーン!

2月末まで!

| ワールド・ジャンプ | 子育て | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
もし子どもがウソをついたとき、あなたならどうする?
あるとき仕事を終え家路に着くと、
いつもなら元気に玄関まで、
出迎えてくれるはずの5才の子どもが、
その日に限って迎えてくれなかった。

ふと、玄関の脇に目を向けると、
普段、下駄箱の上にある一輪挿しの花瓶が、
粉々に割れ、床に散らばっていた。

「ふ〜ん、なるほど...」

朝出かけるときには割れていなかった。花
家には子どもしかいない。
どう考えてみても、
子どもが落としたとしか思えない。

子どもを呼んで話を聞いてみるが、
「知らない」
「落として割ったのは、自分ではない」という。たらーっ

親から見ると、どうみても疑わしいような気がする。ショック
子どもは、いつも行動が素早くあわてん坊で、
つい先日もウソを言ったばかりだからです。

もし、ここで登場する子どもが「あなたの子ども」だったら、
どのように対応しますか?


A 子どもの顔をじーっと見つめながら、「正直にいってくれれば
  うれしいな」という。

B 「正直に言ってくれないのが悲しいよ」という。

C このままじゃ、誰が割ったかわからないから
  「警察に来てもらって調べようか?」という。

D 「玄関をきれいに飾ってくれていたのに残念だね」という。


答えは、次回のブログで発表します。
あなたの親としての力が試されます。

お楽しみに...

 飛世


追伸 我が家の出来事ではありません。
   









電磁波が気になる方に!【電磁波対策シリーズ】

消費税還元5%OFFキャンペーン!

2月末まで!


| ワールド・ジャンプ | 子育て | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
突然の号泣!! やってしまいました...
先日、家内の友人が、
家族とともに我が家に遊びに来ました。

久しぶりに会い、親たちは立ち話で、
お互いの近況報告に夢中でした。
娘と友人の子も、持ち寄ったケーキを食べ、
キャー、キャーいいながら仲良く
居間続きの部屋で遊んでいました。

親同士の会話も弾み、しばらく楽しい午後の
ひとときを過ごしていたのですが、

突然、「ドン」という鈍い音が、
家中に響き渡りました。

私はまた、いつものことだろうと、
半ば楽観的な考えをしていたのです。

以前、マンション暮らしをしていたときは、
「ドンドン床を飛び跳ねたりしたらダメ!」
「静かに歩きなさい!」と、
ついつい口うるさく言ってましたので、
戸建てに移ってからは、
家の中で飛び跳ねても、
転んでも、階段で遊んでも、
ある程度は、好きなようにさせていたのです。

しかし、今回は裏目にでました。
子供ですから、仕方がないのかもしれませんが、
楽しさのあまりに、娘の気持ちも大きく
緩んだのだと思います。

とっさに友人が、
「どうしたの?」
「大丈夫?」と席を立ち、
足早に子供たちのところへ駆け寄ると、
娘は号泣!!

「あっっ!?」
「どうしたの!?」
「何があったの??」と、

友人のその声につられ、
私たちも部屋に駆け寄り、
娘の服や、床に広がる血の跡を目にし、
頭の傷を見た瞬間、
「これは家での手当てはムリかな?」と
一瞬感じました。
(家内も、友人も看護師なんですが...)

夕方5時をまわっていたのですが、
近くの救急病院へ行き、待たされたあげくに6針の縫合。
親も子も、疲れはて家に戻ったのは、夜9時過ぎでした。

ところで皆さんは、子供のケガや事故が、
「家の中」でおきるのと、「家の外」でおきるのとでは、
どちらが多いと思いますか?
ただし、病院にかかり治療しなければならないほどの
ケガですよ。

実は、「家の中」でのケガ、事故が、
「家の外」より3倍も多いそうです。

娘にはチョッと可愛そうでしたが、
改めて考えさせられた、「家の中」での事故でした。

飛世













電磁波が気になる方に!【電磁波対策シリーズ】

消費税還元5%OFFキャンペーン!

2月末まで!

| ワールド・ジャンプ | 子育て | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
「三つ子の魂百まで」の意味するところ...
10年以上前に、タイトルに引かれ、

1冊の本を買いました。

ソニーの前会長、井深 大さんが書いた本なのですが、

そのタイトルは、「ゼロ歳児の驚異」

最近では、井深さんの幼児教育に関する本はよく目に

すると思います。



「ゼロ歳児の驚異?どういうことだろう?」と、

思わず手に取り、ペラペラと「はじめに」を

数行読み、まっすぐレジへと向かいました。

(いつも私はこんな調子で本を買っているのですが...)



実はその後、この本は読み終えてはいたのですが、

内容はほとんど覚えていなく、数年間無用の長物と化してました。

娘が生まれる2ヶ月前だったと思います。

本棚を整理していたある日、すっかり色あせホコリのかぶった

「ゼロ歳児の驚異」のタイトルが目にとまり、

本棚の整理など後回しにし、再び読みきりました。



そして娘が生まれてから、本の一説にあった「ある行為」を、

ほぼ毎日、私と家内は実践しました。

お昼寝のときも、遊んでいるときも、授乳のときも、

散歩のときも、来る日も、来る日も娘に対して、

ある行為を行ったのです。

「やっぱりムリかな?」とあきらめかけていた

生後3ヶ月目のある日、私たちの目の前で

一瞬目を疑いたくなる出来事がおきました。



子育ての経験がある方でしたら、わかると思いますが、

生後3ヶ月くらいの赤ちゃんでしたら、親が赤ちゃんに対して

「いないいないバー」とかすると、手足をバタバタさせたり、

笑い声をだしたり、機嫌がいいときなどは、猛烈に反応しますよね。



私たちもそういった反応を見ながら、子育てを楽しんで

いたのですが、ある日を境に、明らかに今までとは違う

表情を見せてくれました。

生後3ヶ月の娘が見せたその表情とは?









なぜ、生後3ヶ月の娘がこのような表情ができたのか?

私たちはが行った「ある行為」とはどんなことなのか?

赤ちゃんの脳の発育速度は、凄いです!

知りたい方は、コメントかメールしてください!

mail info@isp-h.com

古くから日本で言われている「3歳児神話」ですが、

アメリカでは「6歳児神話」といわれているみたいですよ!



追伸

子育てをしていて、なぜ、この子はお兄ちゃんと

こんなにも違うんだろ?

お兄ちゃんは活発で、誰とでも気がねなく仲良く

遊べるのに、同じ男の子だけど、この子はいつも

一人で遊ぶことが多い...




お姉ちゃんと妹で、

顔はそっくりなのに、性格は正反対。

お姉ちゃんに、お母さんが「洗濯物たたんでね!」

「はーい」と反応のいい返事に対し、

下の子に同じことを言うと返事がない。

どうしたのかと、お母さんが探すと

ポポちゃんに夢中で何時間でも集中している。

どうしてこんなに集中できるんだろ?と、

思ったことはありませんか?



また、お母さんにとって、上の子はとにかく

行動を見ていないとハラハラ、ドキドキ...

髪の毛が逆立つような思をすることがある。

そんな思いを感じたことはありませんか?



もし、子育てでちょっとしたコツを知ることで、

お母さんの子育てに対する不安、悩みを解決する

ことができるとしたら...



もし、生まれながらして持つ、お子さんの能力を、

最大限発揮できるそんな魔法のような

コツがあるとしたら...

あなたは知りたいですか?



知りたい方は、コメントかメールしてください。

mail info@isp-h.com


それではまた、 飛世










電磁波が気になる方に!【電磁波対策シリーズ】

消費税還元5%OFFキャンペーン!

2月末まで!

| ワールド・ジャンプ | 子育て | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術 (JUGEMレビュー »)
トニー・ブザン, 神田 昌典
テストでいい点とるなんて簡単だ!

bolg index このページの先頭へ